スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリダカが熱いぜ

Pajero_evo 年末年始といえばパリダカ(ダカールラリー)なんですが、今年は1週間遅れの6日からの開催になっていて、まだ序盤戦です。

見所は、三菱”パジェロエボリューション” 対 VW(フォルクスワーゲン)”レーストゥアレグ”の勝負です。両方とも市販車の名前がついてますが、中身はまったく別物の、砂漠を時速200km以上でカッ飛ばすレーシングマシンですよ。

エンジンパワーはトゥアレグ優位と言われています。というのも、トゥアレグはディーゼルで、パジェロはガソリンなんですが、ディーゼルのほうが規制が緩いんですね。ガソリンはターボ禁止なのにディーゼルは許可だし、リストリクタ(吸気量を制限するもの)の径がガソリンが32φに対してディーゼルが39φと、面積にして1.5倍も違うという。どうしようもなく不利であり、なんかの意図が含まれているようにも思えますが、それだけに三菱には勝ってギャフンと言わせてもらいたいものです。7連覇がかかってますしね。

序盤のヨーロッパステージは、WRC風のツイスティーなグラベルのコースが多くて、VWのサインツがトップタイムを連発してました。そりゃ元WRCチャンピオンだからねー。

アフリカに入ってからは三菱勢が追い上げに入り、盛り上がってきています。第4レグ終了時点でトップ3はVW勢で、三菱勢は4~6番手ですが、パンクやクラッチ磨耗、パワステ破損などのトラブルを起こしながらもこの順位であり、スピードではむしろ勝っているようです。日本の増岡は5位ですが、彼はここからの砂丘ステージで抜群に、たぶん世界イチ速いので、逆転の可能性は十分にあります。もうwktkですよ。

ちなみに増岡は2002年・2003年の優勝者様です。彼の実家は豆腐屋ならぬ材木屋で、家の庭にあった軽自動車で小2のときからドラテクを磨いていたそうですよ。

パリダカのレース結果はラリーアートのサイトにて。結果が毎日更新されていて、文章がよいので臨場感があります。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

亀レスだが、
俺の親父の自家用車は、
パジェロレボリューションだ。
#今の前の、市販された奴。
主な用途は、ジャスコにいくことだ。

奈良ではジャスコに行くにも高性能クロカン車が必要なんですねー
奈良の人はラリーに出場するとすごい速かったりするのでは。フィンランド人が速いみたいに。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。