スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリームガールズ

B000lp4pw801_ss500_sclzzzzzzz__3 ドリームガールズを見ました。ミュージカルの映画化ということで、ストーリーはたいして期待していなかったのですが(←偏見)、やはりたいしたこと無かったですね。「成功によって失うものもある」というありがちなテーマであり、成功するまでは面白いのですが、成功したあとの内輪モメの話がダラダラ長いです。物語の舞台である60年代は、ショービジネス界では黒人が露骨に差別されていたようで、そっちを掘り下げるのかなと思ったらそうでもなく。

でも、そういうことはあまり関係なくて、この映画の見所は歌でありダンスでしょう。楽曲がよいし、ショウのシーンの演出も素晴らしい。すごく素晴らしい。だからこれだけでも見る価値あります。

主役のビヨンセもいいですね。デビュー前の初々しい様子から、スターになった後の物憂げな様子の変化がよく出ています。このように、「短い上演時間の中に 長い時間が凝縮されて夢のように過ぎていく」のは映画の魅力の一つだと思うのです。

この物語のモデルになっているのは、シュープリームスモータウンレコードです。もちろんディーナ(ビヨンセ)がダイアナ・ロスですが、エフィーにあたるのがフローレンス・バラードで、彼女は酒びたりで死んでしまったんですよね。現実の方が過酷なわけです。

ジャクソン・ファイブを思わせる人達がちらっと出てくるけれど、そういえば彼らもモータウンでした。モータウン系アーティストに詳しければ、もっと元ネタが分かって楽しめるんでしょう。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドリームガールズ(DREAMGIRLS)

ドリームガールズ(DREAMGIRLS)を観てきました。実は、昨日のゴスペルの後も見に行ったので、ドリームガールズ(DREAMGIRLS)を観るのは2回目です。映画館で同じ映画を2日続けて見るのは初めて。ドリームガールズ(DREAMGIRLS)が良かったのももちろんですが、...

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。