スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のパズル

神様のパズル
神様のパズル 機本 伸司

角川春樹事務所 2006-05
売り上げランキング : 54448

おすすめ平均 star
starライトノベル?SF?
star面白い! これぞSF
star少なくとも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

”神様のパズル”を読みました。数年前にハードカバーで出ているのですが、”大幅に加筆訂正”して文庫化されたものだそうです。
カバーイラストはライトノベルみたいですが、これはハードSFですよ。あるいはハードSF青春小説?

大学のゼミで、「宇宙が無から生まれたのであれば、人間も無から宇宙を作れるのか」というテーマでディベートすることになり、気難しい天才少女とチームを組むことになった落ちこぼれの主人公は… というお話。

ディベートで勝つために頭をしぼるうちに、とんでもない新理論にたどりつくというストーリーなので、それを理解するには相対論、量子力学、宇宙論など現代物理学の知識が必要なのですが、そこは大学が舞台なので、ゼミの描写の中で基礎をおさらいしてくれます。親切設計だと言えます。

この人の文章や構成は、決してうまいとは思えないのですね。途中で「この小説、この先大丈夫なのか?」とハラハラするくらいです。でもエンディングは良いんですよ、これが。人によってはピンとこないかもしれませんが、僕はとても好きなのでした。切なくて余韻のある、いいエンディングです。けっこう新しいパターンかと。これがあるので、それ以外のところは許せる気分です。

そういえばこの作品は日記形式です。「学生生活の最後の一年間の日記」というのは美味しい設定だと思いますね。それは気楽な学生の身分から社会に出るための準備期間であり、主人公の不安や焦燥が生々しく伝わってきて、懐かしかったり痛かったりします。

ところでこれ、映画化されるそうなんですけど、大丈夫なのかな? 延々と宇宙論とかの議論をしてるわけですが。どうなっちゃうのか興味があるので、観ることでしょう。
このエンディングは生かしてほしいんですけどね。頼むから、ベタなライトノベル的展開にはしてくれるなよ~。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。