スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジリティ

そもそもは、夫婦で一緒にできる趣味があるといいね、という話からで、
僕はテニスをやりたいのですが、嫁の方はあまり興味が無く、
嫁はバレエ暦が長いのでダンス系のことをしたいのだけれど、それは僕の方が興味が無く、
そんなときに、「ドッグスポーツもいいんじゃないか」という話になったんですね。嫁のかかっている整体の先生が”アジリティ”という競技をやっていて、その話を聞いたのがきっかけです。 お互い犬は好きだし。

アジリティというのはこういうの↓で、要は犬の障害走です。

ひたむきな犬が、とてもかわいいじゃないですか。犬だけでなく人間(ハンドラー)の指示も重要なことがわかりますね。

どんな犬でもアジリティに出られるのですが、この競技では”犬の性能の違いは戦力の決定的な差”らしく、ボーダーコリーが断然向いてるようです。こっちの日本の大会の映像とか、一匹を除いて全部ボーダーコリーだし。

まぁ、まだ思いつき程度で、いろいろ調べている段階です。普通に犬を飼うだけでも覚悟は必要ですが、ましてや運動量の多い競技向きの犬を飼いきれるかとか。

でもリリカはすっかりその気になっているようで、学校から犬の図鑑を借りてきて、「子犬の飼い方」を調べてノートに書いていました。「トイレのしつけははやめにやる」とか。
名前の候補のリストもありますね。僕としては、名前は”スネーク”もしくは”ショッカー”がいいと思っているのですが、顧りみられそうにありません。

ドッグ・トレーニングBOOK―訓練&アジリティー競技会に出場したい人のための
ドッグ・トレーニングBOOK―訓練&アジリティー競技会に出場したい人のための愛犬の友編集部

誠文堂新光社 2005-03
売り上げランキング : 66282

おすすめ平均 star
starドッグ・トレーニングBOOK

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

私も超、悩んでいます。。。
家族の一員を迎えるわけだし・・・
でも、すっごいストレス解消になるんですって!
一生懸命世話をしても、りりかは全然言うこときいてくれなくなってきたし・・・(当たり前だけど!)
とにかく、従順らしい。。。(キチンとしつければ!!)
ただ、沖縄に行くにも、北海道に行くにも
愛犬を連れて、フェリーで旅行する両親を見ていると・・・
生半可は気持ちではいけないなぁ・・・と。
そうそう、犬にとってのナンバー1を決めるらしいけれど、
その人が基本的にはお散歩とかするみたいよ・・・♪
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。