スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CEATEC 2007

CEATEC 2007 を見学してきたので感想など。

■三菱電機

・カメラで人間の顔を認識して、それによって広告を出すシステムをデモしていた。男性か女性かくらいしか認識しないようだが、男女が並んでいたらカップル向け広告、というのはちょっと面白かった。そうとも限らないとは思うが。

・家電は特に見所なし。

■ビクター

・倍速駆動液晶をメインでアピール。今はどこもやっているが、ビクターが元祖ではある。以前に店頭で見たのよりも綺麗に感じたけれど、この秋の新製品でアルゴリズムが向上しているとのこと。アルゴリズムは一日の長があるのか?

・参考出品で3倍速駆動(180fps)のパネルがあり、たしかに綺麗かもと思った。少なくとも60fpsとはかなり違う。

■パイオニア

・ここもテレビが主体で、プラズマの「KURO」を大量に並べている。なかなか綺麗で、ブラウン管に近い素直な絵だと思う。ただ、プラズマ特有のざらついた感じは依然としてある。

■ソニー

・有機EL、スゲーーーー!!! ホントに綺麗。11インチのは、そこにモノがあるかのような臨場感で、つまり色や階調が忠実に再現されているのだと思う。液晶TVの一見鮮やかな画面が作り物だったことが露呈する。これは20万円でも売れるでしょう。

・参考出品の27インチも見たが、こちらはコントラストや色ノリが少し落ちる印象。まだ試作だからか、あるいは画面が大きくて密度が薄いからか。とはいえ液晶・プラズマよりもぜんぜん綺麗だけれど。

・FEDは見そこねた…

■シャープ

・薄型液晶を大量表示していたが、薄い以外は特に見どころ無し。

・4K2K液晶(約4000×2000ピクセル)が展示されていて、かなりの密度感。この解像度の有機ELが欲しいと思ってしまった。

■松下電器

・”ビエラにリンク”がテーマで、テレビにレコーダやムービーが繋がるのは当然として、ドアフォンや配電盤やヘルス機器とも繋がって、いろいろできることをアピールしている。松下電工を吸収した効果だろう。それにしても、テレビにこれだけの機能をつめこむと、ソフト開発が地獄だろうと、人ごとながら心配。

・要素技術のコーナーで、音声ファイルとテキストファイルを関連付けて、カラオケのようなテロップを自動的に作るシステムが展示されていた。「これって、ゲームでキャラクタの音声と台詞テキストをシンクロさせるのに使えますね」と言ったら、「なるほど!」と言われたが、そういうものは既にあるのかもしれない。

・超小型のトラックボールが展示されていたので触ってみた。転がすだけでなくクリックもできるようになっていて、わりと思い通りに動く。携帯電話に入れるのを意識しているようだが、AV機器のリモコンやゲーム機のコントローラにもいいかもと思った。

■東芝

・組み込み用CELLであるSpursEngine を、かなりプッシュした展示をしていた。家電ブースだけでなく部品ブースでも大きく展示している。しかしアプリケーションのデモは、3Dモデルに顔を貼り付けるようなやつと、手のゼスチャーで機器を操作するの2つで、いまいち弱い。CELLのパワーを何に使うか模索中ということだろう。

・ゼスチャーリモコンはUIとしては面白い。手のひらを向けると再生スタート・ストップのトグル。拳骨を出すとコントロールパネルが出て、サムアップで確定。だけど僕がやると、シャツの縞をロックオンしてしまって全然ダメだった。説明員によれば、手は特徴が少ないので、顔認識よりもかなり計算量が必要とのこと。

■日立

・”単投射距離プロジェクタ”のコーナーに行列が出来ていた。凸面鏡を使って、すごく近い距離から大きなスクリーンに投影する。要はリアプロの原理だけれど、置き場に困らないのでいいかもと思った。

■マイクロソフト

・アンケートに答えたらくじ引きで景品がもらえるということで、やけに設問の多いアンケートに苦労して答えたところ、ハズレで小さなポストイットをもらった。ケチだ。

■情報通信研究機構(NICT)

Sn370077・イベントホールにあったNICTのブースを見学。キヤノンが出していた Mixtured Realityのシステムは面白かった。HMDをかけると、実際の風景とCGによる製品が合成されて見えて、いろんな方角からデザインや使い勝手を試したりできる。つまりあれですよ、電脳メガネ。

・”電子ホログラフィー”のデモを見たけれど、飛び出しては見えるが厚みを感じないし、単色だし、解像度すごく低いし、こんなもんかとガッカリした。R2D2のレイア姫の映像みたいなのはまだ無理ですか。

■部品コーナー

・CEATECは部品コーナーが一番広く、じっくり見ると結構面白いのだけれど、疲れてしまったのでざっとしか見なかった。セイコーのマイクロロボットや、村田製作所のムラタセイサク君を見ることができた。

・システムLSIでは地デジ関係のものが目に付く。沖電気のワンセグのチップは3mm角くらいで、こんだけで出来ちゃうんだなぁと感心した。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。