スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[DTM] KX49の付属ソフトたち

前回、KX49購入編からの続きです。

KXは、Cubase AI4以外にも付属ソフトが充実していて、それらを使いこなしてこそ威力が発揮されるのですが、不親切なことに、それについてのまとまったドキュメントがありません。そこで、内容とインストールの注意点についてまとめてみました。KXを購入した方のお役に立てばと。 藤本健さんの記事も、あわせて見ていただくと良いでしょう。

 ■ソフトシンセ 及び エフェクター (VSTプラグイン)

KXには音源が内蔵されてないので、音を出すにはソフトシンセが必要ですが、逆に言えば、ソフト次第で様々なシンセサイザーに化けるとも言えます。

名前 種類 説明 インストール方法
HALionOne PCM音源 ピアノ、サックス、バイオリンなど楽器音を中心に入っている、いわゆるGMセット。無難なものという印象。 Cubase AI4をインストールすると、いっしょにインストールされる。
Sample Tank X Factor Edition PCM音源 HALionOneのGMセットよりも10倍以上のデータ量(約1GB)。DX7っぽいエレピなど、演奏して心地よい音が多い。 "X Factor VST"に入っているので、ディスクのメニューから呼び出してインストールする。
Analog Factory SE バーチャルアナログ音源 Moogなど4種類のアナログシンセをソフトウエアでシミュレーションした音源。 "TOOLS for KX DVD-ROM"に入っているので、ディスク内のセットアップを起動する。
BFD Lite ドラム音源(PCM) ドラムだけで700MB使っているので、生々しい音がする。単音だけでなく、フレーズのループも入っている。 "X Factor VST"に入っているので、ディスクのメニューから呼び出してインストールする。
Amplitube Duo アンプシミュレーション 音源ではなくエフェクター。真空管のギターアンプの特性をシミュレートする。自然なヒズミが得られるし、ドラムなどにかけても面白い。 "X Factor VST"に入っているので、ディスクのメニューから呼び出してインストールする。

エフェクターは、これ以外にも、Cubase AI4に15種類内蔵されています。イコライザ、リバーブ、コーラスなど、一通りのものがあり、自由に組み合わせて使うことができます。

■VSTプラグインのインストールの注意点

VSTi(ソフトシンセ)およびVST(エフェクタ)をインストールする際に、「VSTプラグインをインストールする場所」を聞かれるので、適当なディレクトリを掘って、そこに入れるようにします。どこか1箇所に決めればよいでしょう。

Cubaseは起動時に、そのディレクトリを見に行って、VSTプラグインを認識するようです。ディレクトリは、”デバイス > プラグイン情報 > VST 2x プラグインのパス” で複数設定できます。

CubaseはVSTi(ソフトシンセ)を認識すると、自動的にKX用の設定もロードしてくれるので、KXのノブをクリクリ回して音色をいじったりできます。特にアナログ音源でクリクリやるのは楽しいのです。

HALionOne以外のVSTiは、Cubase上だけでなくスタンドアロンでも動作するようになっていて、スタートメニューから起動して演奏することができます。

■HALionOne用の追加データ

 HALionOneは、そのままでは標準的なGM音色セットしか入っていないのですが、よりリッチな追加の音色データがついています。

名前 種類 説明 インストール方法
OneSoundz Silver Edition いろいろ 44種類の拡張音色で、主にドラムやベース音などリズム系。データサイズは約900MB。 "X Factor VST"に入っているが、手動でインストールする
YAMAHA S90ES Piano ピアノ音源 ヤマハの電子ピアノ、S90ESの音色をコンバートしたもの。ピアノだけで55MB使っているので、ハーフペダルなど豊富な音色変化に対応している。 "X Factor VST"に入っているが、手動でインストールする


これらのインストールには、注意が必要です。

  1. Cubase AI4をあらかじめ4.1以上にアップデートしておくことが必要のようです。
  2. インストーラがないので、手動でのファイルコピーになります。ディレクトリにpdf文書が入っているので、その指示通りにやります。けっこう面倒です。
  3. 最後に、HALionOneを起動して、"Locate Contents"メニューからファイルパスを指定しますが、僕の場合、それだけでは音色が表示されませんでした。前述のpdfにもサラっと書いてありますが、いったんフォルダの横にあるチェックをはずして、「変更なし」をクリックして再度チェックすると、音色が表示されて、使えるようになりました。 

 ■素材集

ループ素材を切り張りして音楽を作るのは近年のスタイルですが、そのための素材が充実しています。

名前 種類 説明 ファイルの場所
RAW loops YAMAHA Edition オーディオループ 約400種類のループ素材。さまざまなジャンルのものが入っているが、クラブ音楽系が多い。 "X Factor VST"の中(メニューから呼び出せる)
Keyfax MIDIのループ 100種類のドラムパターンのMIDIデータ "X Factor VST"の中(メニューから呼び出せる)
Yamaha Content\Loops オーディオループ ヤマハのキーボード、MOTIF ESから厳選された約480種類のオーディオループ素材。さまざまなジャンルが網羅されている。 Cubase4AIディスクの\Cubase AI 4 for Windows\Additional Content\Yamaha Content\Loops
Yamaha Content\Drum Styles   プロジェクトファイル ヤマハのキーボード、MOTIF ESから厳選されたリズムパターン素材。R&B、ロックなど20種類。 Cubase4AIディスクの\Cubase AI 4 for Windows\Additional Content\Yamaha Content\Drum Styles


ファイルは、HDDのどこか適当なところにコピーします。 オーディオループの場合、”プロジェクト > プール” メニューから、場所を指定して読み込むことができます。読み込んだループは、オーディオトラックにドラッグ&ドロップで貼り付けることができて、テンポは自動的に曲にあわせてくれます。

MIDI素材は、特に登録するところは無く、普通に曲データとして読み込んで、自分の曲にコピー&ペーストするしかないのだろうと思います。

以上、付属ソフトについての解説でした。 次回は今度こそ、KXとCubase AI4のGetting Startについて書きたいと思います。

YAMAHA KX49YAMAHA KX49


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ぼくも今日KX49が届いて、セットアップしてますが、音が全然出なくて・・泣きの涙です・・。
マニュアルがわからなさすぎ!! 僕は全くの素人だから・・明日電話で聞くしかかいかなぁと・・とほほ。
サクサク使える人がうらやましいです。

cas50414さんコメントありがとうございます。
音鳴りませんか。サンプル曲も鳴らないのであれば、サウンドドライバの設定でしょうか。電話で解決するといいのですけれど。
入門用とはいえ、ソフト自体はプロ用のものの機能制限版なので、設定など簡単とは言えませんね。

はじめまして!
最近DTMを始めたホンと申します。
KX25を購入したんですがHALionの音色リストへの反映の仕方がわからなくて困ってますm(__)m
PDFの手順通りインストールしたんですが
「HSBファイルをコピーした…」と書いてあったんですがHSBファイルとはなんの事なんでしょうか?
初コメントでずうずうしいと思いますがよかったら教えていただきたいですm(__)m

ホンさんコメントありがとうございます。今更のお返事ですみません。
実のところ、ずいぶん前にやったのでかなり忘れてしいます。HSBファイルとは音色ファイルそのものはずで、""X Factor VST"のディスクに入っています。
それを好きなフォルダ(Program Filesの下に作ったフォルダなど)にコピーして、そのフォルダを指定、という流れになるはずです。がんばってください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。