スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋ゲー和才

アサシンクリード2(PS3版)をやっているのですが、面白いです。

プレイヤーは、ルネサンス期イタリアの貴族のドラ息子で、ある事件をキッカケに、アサシン(暗殺者)として復讐に生きることになる、というストーリー。

いわゆる箱庭タイプの3Dアクションゲームで、フィレンツェやベネツィアなどの町を自由に走り回りつつ、ミッションをこなしてストーリーを進めます。

有名な建物や、その時代特有の風物の近くに行くと、歴史などのガイドが表示されるので、ちょっとした観光気分になれます。ロレンツォ・メディチやレオナルド・ダ・ビンチなど有名人とも友達に。

前作は全世界で800万本以上売り上げていて、近作もそれくらいヒットするでしょう。でも、日本では数万本しか売れないんですよね。「洋ゲーは売れない」という法則は、揺るがないものがあります。

なぜなんだろう、と思うんですよね。日本人のテイストに合わないからとも言われますが、このゲームについて言えば、グラフィックは小綺麗でバタ臭くないし、システムは親切だし、日本語化(吹き替え)のクオリティも高いしで、ネガティブな要素はほとんど感じません。

とはいえ、考えてみれば、昨今はどんなにゲームの出来が良くても、知名度の無いゲームは数万本がせいぜいなのでした。であれば、日本で知名度の無いメーカー(海外では超有名ですが)のシリーズ2作目が、たいして売れないのは当然なのかもしれません。

数百万本のレベルで売れるのは、これはもうブームであって、狙って出来ることでは無いですしね。「流行っているから、オレもやらなきゃ」という効果でキャズムを越えるわけで。

そこまでは無理としても、いいゲームは数十万本は売れて欲しいところです。いいゲームだということが、うまく伝われば売れてもいいはずで。

『洋楽』は、テレビではほとんど流れませんが、ラジオでは洋楽をメインで流す局があるので、「たまたまラジオを聴いた普通の人」にも届きます。そういう、「普通の人」に届かせる手段があればいいのでしょうけれど。

アサシン クリードII【CEROレーティング「Z」】
アサシン クリードII【CEROレーティング「Z」】
おすすめ平均
starsオモロー
starsこういうゲームなんだ・・・
stars今作も面白い
stars良ゲー
stars味がある。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。