スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キール

先日のホンダF1についてのエントリーで、”ちっとも変わりばえしねぇ”と書きましたが、その後、いわゆる”ゼロキール”を採用していることがわかりました。多少は、変えてきたようですね。去年のマクラーレンのパクリですけど、パクリも重要なんで。

ゼロキールについて説明するのはマンドクセーと思っていたら、”教えてGoo”に素晴らしい解説を発見したので、それを見ていただくとして。

上記の解説にもあるように、ゼロキールは空力的には有利であるものの、サスのメカ設計としては難しいとされています。トヨタは昨シーズンの途中から試していましたが、トゥルーリは「俺はこのフィーリングは嫌いだ」とはっきり言っていました。

ホンダは、新車のテストは好調みたいなので、何か良い方法を見つけたのかもしれません。エンジンの仕上がりもよさそうだし、序盤戦は期待していいのかな?

ところで、キールというのは、本来は船の”竜骨”の意味で、ヨットでは、船の中心にある垂直のヒレをキールと呼びます。、F1では、ロアアームマウントのでっぱりが、船(ヨット)のキールのように見えることから、そう呼ばれるのだと思われます。

しかし、シングルキールはそうなんですが、ツインキール、Vキール、ゼロキールとなると、もはや船のキールとは似ても似つかず、本来の意味から離れちゃっているような… ”チチエモン”みたいなものか。

スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。