スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋ゲー和才

アサシンクリード2(PS3版)をやっているのですが、面白いです。

プレイヤーは、ルネサンス期イタリアの貴族のドラ息子で、ある事件をキッカケに、アサシン(暗殺者)として復讐に生きることになる、というストーリー。

いわゆる箱庭タイプの3Dアクションゲームで、フィレンツェやベネツィアなどの町を自由に走り回りつつ、ミッションをこなしてストーリーを進めます。

有名な建物や、その時代特有の風物の近くに行くと、歴史などのガイドが表示されるので、ちょっとした観光気分になれます。ロレンツォ・メディチやレオナルド・ダ・ビンチなど有名人とも友達に。

前作は全世界で800万本以上売り上げていて、近作もそれくらいヒットするでしょう。でも、日本では数万本しか売れないんですよね。「洋ゲーは売れない」という法則は、揺るがないものがあります。

なぜなんだろう、と思うんですよね。日本人のテイストに合わないからとも言われますが、このゲームについて言えば、グラフィックは小綺麗でバタ臭くないし、システムは親切だし、日本語化(吹き替え)のクオリティも高いしで、ネガティブな要素はほとんど感じません。

とはいえ、考えてみれば、昨今はどんなにゲームの出来が良くても、知名度の無いゲームは数万本がせいぜいなのでした。であれば、日本で知名度の無いメーカー(海外では超有名ですが)のシリーズ2作目が、たいして売れないのは当然なのかもしれません。

数百万本のレベルで売れるのは、これはもうブームであって、狙って出来ることでは無いですしね。「流行っているから、オレもやらなきゃ」という効果でキャズムを越えるわけで。

そこまでは無理としても、いいゲームは数十万本は売れて欲しいところです。いいゲームだということが、うまく伝われば売れてもいいはずで。

『洋楽』は、テレビではほとんど流れませんが、ラジオでは洋楽をメインで流す局があるので、「たまたまラジオを聴いた普通の人」にも届きます。そういう、「普通の人」に届かせる手段があればいいのでしょうけれど。

アサシン クリードII【CEROレーティング「Z」】
アサシン クリードII【CEROレーティング「Z」】
おすすめ平均
starsオモロー
starsこういうゲームなんだ・・・
stars今作も面白い
stars良ゲー
stars味がある。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

子供と一緒にPS3

PS3のゲームというと、Wiiなどに比べて年齢層が高い印象がありますが、オンライン配信タイトルを中心に、けっこう子供でも遊べるゲームがあります。最近うちの子(6歳)と一緒に遊んでいるゲームをご紹介。

pho_ahiru01.jpgまずは定番の『ぽちゃぽちゃあひるちゃん』。ステージは水の入ったお盆(?)のようになっていて、コントローラを傾けるとそのお盆が傾いて、アヒルを動かすことが出来ます。そうやって、親アヒルを動かして子アヒルを助けるアクションパズルですね。

子供でも直感的に操作できるし、最初の方のステージは易しいので、かなり小さな子供でも遊べると思います。水やアヒルの動きがリアルなので、PS3のパワーを体感できるタイトルでもあります。PlayStation Store(ネット配信)で840円。

pho_bbc01.jpgつぎは、やはりアクションパズルの『おいでよロコロコ!!』です。あひるちゃんと違って2次元の絵なのですが、ポップなイラスト風の絵なので、ハイビジョンテレビで見るととても綺麗ですね。

ゲーム内容は公式サイトを見ていただくとして、このゲームいいところは、基本的に自機が”死ぬ”ことがなく、失敗しても何回でもやり直せることです。ちょっとピタゴラマシンのような感じで、転がってくるロコロコたちをうまく誘導してゴールに導くゲーム性は、子供にもウケるようです。PlayStation Storeで800円。

monster17.jpg最後は本命の『ピクセルジャンク モンスターズ』です。ゲーム内容はファミ通の記事がわかりやすいですが、要はリアルタイムストラテジーゲーム(RTS)ですね。でもルールがシンプルで、アクション性があまり高くなく、かつ2人協力プレイができるので、うちの子でも十分遊べてます。

「リリ、そのあたりにキャノン建てて」 「パパばっかりお金取らないでよ!」とかワイワイいいながらプレイできるし、負けたら何が悪かったのか反省会をして、「次は序盤にアンチエアを重点的に建てよう」とか作戦を考え、それで勝てると嬉しいものです。うちの子は大好きで、最近こればかりやってますね。PlayStation Storeで900円。

ほかにも、『まいにちいっしょ』のピクチャーしりとり等のミニゲームも結構遊べるし、案外、小さい子供向けのゲームは充実してるじゃんと思うんですよね。もうちょっと上の年齢層(小学校高学年~中学生)向けのは、確かに乏しい気がしますが。

次世代機ならではのゲーム

絵が綺麗になってもゲームが面白くなるわけじゃない、と言われることがあります。たしかに、そういうジャンルのゲームもあるでしょう。テトリスの絵がやたら綺麗でもしょうがないしね。

でも、最近2つのゲームをクリアして、「絵が綺麗なのはやっぱ重要だよ」としみじみ思いました。PS3用の”アンチャーテッド”と”コール オブ デューティー4”です。

アンチャーテッド.jpg両者に共通するのは、まず「臨場感」です。アンチャーテッドでは、プレイヤーは絶海の孤島の密林に放り込まれるのですが、ジャングルや遺跡などのグラフィックスが素晴らしく、移動の自由度も高いので、本当に探検している気分が味わえます。ところどころにハッとするような光景があるので、しばらく立ち止まって景色を眺めてしまったり。

コール オブ デューティー4は、アメリカ海兵隊員とSAS隊員の役を交互にプレイするのですが、ヘリが舞い戦車がうなる戦場を駆け回り、現代のハイテク戦を体験することができます。こちらのグラフィックスも現時点の最高峰であり、異国情緒ある中東の町や、荒廃したチェルノブイリ近郊が精緻に再現されています。だから没入感が半端ではなく、これをプレイすると、しばらく日常生活でも行動が怪しくなるのです。ドアを開けるときに手榴弾を投げ込みたくなったりとか。

素晴らしいのは臨場感だけでなく、「演出」についても語らなければなりません。ゲームでも映画ばりの演出が可能になったので、それがストーリーを盛り上げ、感動を生み出しています。アンチャーテッドは、B級映画っぽいケレン味たっぷりの演出で、木曜洋画劇場の世界に入り込んだ気分になれます。

コール オブ デューティー4は、トム・クランシーばりの軍事スリラーなストーリーになっており、それはまぁ大したことはないのですが、演出は神がかってますよ。スペクタクルな映像だけでなく、心理的な盛り上げがうまい。特にラストシーン。BGMもセリフもない、とても静かなシーンなのですが、ものすごくグッときました。このラストはぜひ見て欲しいです。

しかし、これだけのゲームを作るのはとっても大変でしょうね。ゲーム製作者の方のご苦労は察して余りありますが、1プレイヤーとしては、こんな素晴らしいゲームができる時代になったことを感謝しているのでした。

アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝
おすすめ平均
starsPS3でのアドベンチャーで今1番
stars2週目やろうとまでは
starsICOとワンダが面白かった人は買いです!!
starsいい感じです^^
stars歯応え十分!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェア
コール オブ デューティー4 モダン・ウォーフェア
おすすめ平均
starsFPS好きなら絶対に買いです!!
starsさすがハイスペックハードのFPS
stars究極のリアル
stars汗が出るっっ
starsゲーム自体は面白いです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゲーム機市場は5年後に6分の1に縮小?

 野村総合研究所はこのほど、2012年度の国内IT市場の分析と規模予測を発表した。07年度のゲーム機の出荷台数は3622万台、08年度も3433万台だが、12年度には580万台に大きく落ち込むと予測している。

 だそうで、なかなか大胆予測ですな。記事はこちら。ちなみに携帯ゲーム機は含まない、据え置きゲーム機に限った話だそうです。
今年の予測の3622万台という数字は、日本国内だけじゃなく世界中に出荷した台数ですね。このうちだいたい55%がソニー(PS3+PS2)、45%が任天堂(Wii+GC) のはずです。

どっから突っ込もうかという感じなのですが、まず現行機(PS3やWii)が6年経過するので落ち込むという予測ですが、PS2がどうだったかというと、発売1年後の2001年が1570万台で、6年後の2006年が1170万台です(数字はvgchartzより)。PS3やWiiなどの次世代機が出てるにもかかわらず、極端な落ち込みにはなっていません。6分の1に縮小するという根拠は不明ですね。ゲーム機って、発売して時間がたつと、そのぶん良質なソフトが増えていくし、本体価格も下がっていくので、売り上げピークは発売の数年後になる傾向があります。それは常識だと思うのですが、アナリストの方は違う考えがあるようで。

「携帯ゲーム機が台頭するので据え置き機は衰退する」という意図かもしれませんが、現実は、携帯ゲーム機も据え置きゲーム機もどちらもよく売れています。携帯ゲーム機のほうが数が多く売れるのは、一家に1台ではなく一人1台だからです。世帯普及率では同等なわけで。携帯ゲーム機があるから据え置き機は売れなくなるという傾向は、今のところはありません。

あるいは、「マイクロソフトのXBOX360が好調なのでそれに押される」、という意図かもしれませんが、現状では日本と欧州ではPS3優勢で、北米ではXBOX360優勢であり、年末商戦の週販はほぼ互角です。でもXBOX360は発売後2年たち、ソフトも充実してノッている時期なのに対して、PS3はまだ1年なのでソフトは不足しており、この時点で互角というのはむしろ優勢なのかも。少なくとも大幅に押されている状況では無いでしょう。そもそも、全地域で一番売れてるのはWiiですしね。

それから、「プレイステーション3、Wiiなどに続く第5世代のゲーム機の発表がないと予想されるため」とありますが、この予想はよくわからんですね。少なくともWiiはSD世代なので、HD(ハイビジョン)世代のゲーム機を5年以内には出すと思うがなぁ。5年後にはもうSDのテレビは売ってないだろうし。任天堂がこのまま無策でボーっとしてるというアナリスト予測が正しいとしたら、すごい情報源を持っているとしか思えませんが、どうなんだろう。
まぁ、端的に言って、こんな予測をして給料をもらえるアナリストって羨ましい商売だなぁと思いました。日本市場しか見ていなくて、ゲームは脳トレしかやらない人なら、こういう予測になるのかもしれないな。

PSP買った

話が後先になりましたが、先月、PSP(薄型)を買いました。これまでDSは持っていたけれどPSPは持っていなかったのです。

僕はそもそも”携帯電話でなんでもやる派”で、音楽聴いたり動画見たり使い倒していたのですが、今ではその役目はPSPになっています。特にポータブル動画プレイヤーとしてのPSPは最高ですよ? 画質はAVC対応で美麗だし、液晶は大きいし、早送りなどの動作も機敏で、携帯電話で動画見るよりも段違いに快適。シーンプレビュー機能(画面サムネイルをフイルムロールっぽく見られる)も超便利です。

一方、音楽やフォトの機能は改善の余地アリなんですけどね。せめてアルバム間移動はリモコンでやりたい。フォトビューワーは動作がのろい。我慢して使っていますが、今後のアップデートで何とかしてほしいところです。そうしたら最強だと思うので。

今日は渋谷周辺に用事があって出かけたのですが、PSPソフトの”みんなの地図2”を使ってみました。僕はGPSユニットは持ってないのですが、プレイスエンジンという技術で、無線アクセスポイントの電波をつかまえて位置を割り出すことが出来ます。僕んちの近所などではダメなのですが(アクセスポイント無いので…)、渋谷だとかなり正確に位置が出ますね。携帯電話のナビよりも画面が広くて描画が速いので、なかなか使えると思いましたよ。

そんなわけで、PSPはとても便利だということが今更わかったのでした。さらにですね、なんと、PSPはゲームも出来ちゃうんですよ!どっひゃー!! 最近はDSのゲームには飽きてましたが、PSPの”クライシスコア”や”バーンアウト・ドミネーター”などをやってます。PS2と遜色無いクオリティのゲームが、どこでも手軽に出来るのはいいもんですね。おかげで、PSPで動画見たり音楽聴いたりする時間が減って、本末転倒なのだが…

みんなの地図2 地域版 東日本編
みんなの地図2 地域版 東日本編
ゼンリン 2007-08-09
売り上げランキング : 2422

おすすめ平均 star
star事前登録忘れずに
starこちらも良い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

勇者のくせになまいきだ。 の初体験版

勇者のくせになまいきだ.jpgPSP用ソフト、”勇者のくせになまいきだ。” の”初体験版”が公開されていたので、やってみました。

ビオトープをテーマにしたゲームということで、気になってたんですよね。プレイヤーは魔王となって、ダンジョンのモンスターを育てて勇者を迎え撃つのですが、プレイヤーができるのは(基本的には)穴を掘ることだけで、モンスターは勝手に動いたり繁殖したり、捕食したりします。つまりライフゲームみたいな感じで、要するにセルオートマトンですね。

で、感想ですが、面白いのだけれど、どうやればモンスターが効率的に育成できるのかというコツが掴めないのです。モンスターの行動ルールが(ライフゲームに比べれば)わりと複雑で、しかも多数のモンスターが干渉しあうので、何が起こってどうなっているのかわかりにくい。たぶん、それを感覚で掴むのが、これのゲーム性なのでしょう。理詰めで一手づつやるようなゲームでは無いみたいだ。

でもなんか気になるし、勝てないのが悔しいので、ふとした暇に取り出してやっています。全体の気の抜けた雰囲気も、往年のSCEのゲームという感じで好きだし。買ってもいいかもしれないな。 こういう、重厚長大でないアイデア勝負のゲームは応援したいですし。体験版のファイルサイズはたった4.3Mバイトです。

勇者のくせになまいきだ。
B000WQEPYO
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2007-12-06
売り上げランキング : 58
by G-Tools

スライム100匹

IMG_0204.JPG「ドラゴンクエスト・ソード」がwiiで出るらしいですが、我が家では、その前身である「剣神ドラゴンクエスト」が絶賛稼動中です。

先週、ソフマップの通販で480円で買ったもの。 ゲームソフトではなく単体の”TVゲーム機”なのに安すぎですが… ゲーム機本体にセンサーがあり、光学的に剣の位置を判断しているようです。まさに wiiの前身のような機械と言えます。

今更のレビューですが、結構よくできてます。切るだけではなく、防御したり魔法を撃ったりなど、思ったより多彩なアクションがあり、やってるとうまくなる手ごたえがあるので。ザクザク切る爽快感がありますしね。ただしかなり疲れます。

IMG_0205.JPG

うちの子には本編はちょっと難しいんですが、ミニゲームの”スライム100”を好んでやっています。リリカの剣さばきを見てやってください。

勇者にしては、もっぱら弱いものイジメしてる気もするが…

ゲーム三昧

今日から奥さんと子供は(僕の)実家に帰省です。僕自身は仕事の締め切りがあるので行けず。もう2年前から帰ってないんですけどね。

で、今日は二人を空港に送って、F1を見て、あとは昼間からゲーム三昧でした。我ながらどうかと思いますが、でもこれだけ一日に長時間ゲームしたのは久しぶりです。

このところ、オンラインゲームをいろいろつまみ食いしてるんですが、けっきょくFEZ(ファンタジーアース・ゼロ)に戻って来てしまいます。三国志オンラインとか、Zeraとか、ノーステイルとか、どれもそれなりにいい所はあると思うのだけれど、どこかしっくりこなくて。基本的に、アクション性に乏しいゲームが好きじゃないからだと思いますが。

しかしFEZばっかりやるのも芸がないので、何か無いかと調べてみると、以前にここでも紹介した”ラテール”がオープンβテスト中なので、やってみることにしました。

Latale_1 クローズドβである程度やったのに、キャラをまた1から育てる必要があり、そこが面倒だなと思っていたけど、やりはじめると楽しくやれました。テンポがいいし、戦闘にアクション性があって飽きないんですね。

それなりに盛況のようで、クローズドβのときはたしか6千人募集でチャンネルが2つでしたが、オープンβでは6チャンネルあり、第1チャンネルには混雑マークがついていました。2万アカウントくらいあるのかな?

知り合った人の話を聞くと、ネクソンの”メイプルストーリー”から流れてきてる人が多いようです。あちらもライト層向けのオンラインRPGで、140万アカウント(日本のみ)と豪語してますが、その後継になりうるのかもしれません。ゲームとしては、こちらのほうが良くできてると思うので。

あとこのゲームの特徴、というか運営会社のゲームポットの特徴だと思いますが、GM(ゲームマスター)のキャラクタがゲーム内に登場して、プレイヤーの質問に答えたり、イベントの進行をしたりするんですね。他でもやってるところはありますが、GMとプレイヤーの距離を近くすることがゲームポットの”運営ノウハウ”だそうで、ラテールのGMさん達もフレンドリーでノリがよくていい感じです。

今はこのGMさんたちを中心に、プレイヤー達もフレンドリーな雰囲気を作っているのですが、これが正式サービスになって人口が増えても続けられるのかが、このゲームが成功できるかどうかのポイントかもしれません。いまやオンラインゲームは乱造されすぎて、成功させるのがとても難しいのですが。

親子カードバトル

Img10101548923_1 カードゲームといえば、近頃はトレーディングカードゲーム(TCG・デッキを構築して対戦するタイプのカードゲーム)とほぼ同義みたいで。遊戯王やポケモンカードゲームなどがそれですが、TCGの歴史は案外浅くて、1993年のマジック・ザ・ギャザリングが元祖とされています。

しかしそれ以前にも、”イラスト入りRPG 風カードゲーム”は存在しており、その嚆矢は”モンスターメーカー・シリーズ”でしょう。学生のころに”モンスターメーカー5”を買って、観測船での暇つぶしに役立った思い出がありますが、先日、ものすごく久しぶりにやってみました。対戦相手は娘。

あらかじめデッキを作るTCGとは違い、トランプ風に交互に山札からカードを引き、場に出したり流したりしながらゲームが進行します。キャラクタカードや魔法カードを駆使して、プレイヤー間で”戦闘”を行うところはRPG風です。

戦術の自由度は結構あるのですが、配牌による偶然性も強く、かつ一発逆転が可能なルールなので、途中の勝ち負けはあまり重要ではありません。ラストの2ターンの戦闘で勝敗が決します。でも途中経過が無意味というわけでもなく、”ラスト2ターンを確率的に有利に運ぶための戦術”はあります。

ちなみに娘との対戦成績は2勝2敗で、なんだか互角です…

Nimmtjbox1カードゲームって、昔はミルボーンとか定番のものがあったはずですが、最近はトイザラスや量販店のおもちゃコーナーを見てもありませんね。、TCGを除けばUNOくらいか。

気になったので、昨今のカードゲーム事情について調べてみると、ドイツ産の”ニムト”なるゲームがいまどきの”定番中の定番”だと知りました。さっそく入手しようとしたのですが、普通の店には無いわけで。調べると新宿の”イエローサブマリン”という店にありそうで、行ってみたら、あるはあるは。輸入物のカードゲームやボードゲームが山ほどあり、昔懐かしのボードシミュレーションゲームもありました。新宿西口方面で立ち寄る店が増えましたよ。モンスターメーカーの復刻版も売ってました。

かくしてニムトを入手したので、週末にやろうと思います。ルールを見る限りでは、たしかに面白そう。偶然性の高い基本ルールと、読み合いが必要な上級ルールがあるようです。

”リアル”なゲーム

PS3のゲーム、”Call of Duty3"を見ました。第二次大戦もののFPS(一人称視点のシューティング)で、すごいリアルなんですが、リアルすぎて引いてしまう人も多いようですね。硝煙と血の匂いが漂ってきそうです。

しかし、最近韓国の"YNK KOREA"社から発表された"STING”というFPSは、さらに生々しいですよ。韓国と日本とで竹島をめぐって紛争が勃発し、さらに北朝鮮で軍事クーデターが起きそうになり、韓国の特殊部隊がその渦中で活躍する、というストーリーだそうで。ソースエンジン(いわゆるハーフライフ2エンジン)を使ってるので、リアルな表情の金正日とか登場するんだろうなぁ。

PS3用ゲームといえば、”モーターストーム”が秀逸なんですよね。オフロードマシンで豪快に走るゲームであり大味に見えますが、ジャンプした着地点の起伏でバランスを崩してクラッシュ、みたいな挙動はリアルで、PS3の演算能力あってこそだと思えます。

このゲームのモデルは、バハ1000というメキシコでやってるレースだと思われますが、アメリカ圏でしか知られてません。日本やヨーロッパで売るためには、より知名度のある”パリダカ(あるいはダカールラリー)”の名前をつけたほうがいいと思いますけど。

まじめにパリダカをシミュレートすると大変なので、ほとんどこのままで、コースに砂丘っぽいのを追加し、車をパリダカのすればいいですよ。パリダカは周回コースじゃないだろとか、一斉にスタートしないだろとか、細かいことは気にしない。なにしろパリダカのゲームといえば、”パリダカール・ラリースペシャル”という素晴らしい前例があるので、たいていのことは許されますって。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。