スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログをこちらに移転しました

Typepadにあったブログを、こちらに移転しました。

僕がブログを始めた当初は、無料ブログサービスにあまりいいものがなく、安定しているTypepadにお金を払っていました。
でも今や、有料のブログサービスは少数派です。Typepadにも無料版(micro)が作られたので、それに移行してみたのですが、極端な機能限定版だったので、fc2に移転することにしました。

このところ、日記的なものはfacebookに移行して、知人限定でクローズドにやっていたので、ブログは放置していました。
でも、やはりまとまった文章はブログのほうが書きやすいし、記録としても優れていると思うようになったので、今後はもう少し、ブログも書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

Readymade Digs Disney

Readymade Digs Disney(CCCD)
B00007LAB0 小西康陽 森山良子

おすすめ平均
starsおしゃれ!夜!カッコイイ!
stars聞いたら顔がにやけちゃって・・・
stars楽しい~vv
starsパート・オブ・ユア・ワールド(リトル・マーメイド)
starsかっちょよすぎです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドライブ中に、僕がピチカート・ファイヴとか聞いていると、リリカから”つまんない。ディズニーのCDにしてくれ。”と要求され、争いになったりするわけですが、それを解決するのがこのCDです。

ピチカート・ファイヴで2番目に人気のあるメンバーであり、(私が思うに)現代最高のアレンジャーである、小西康陽によるディズニーの名曲たち。

バート・バカラック風の”ミッキーマウスマーチ”から始まり、ジャズ風やアコースティックなものもあり、バラエティーに富んでいます。ゲストボーカルも素晴らしい面子。老若男女、いろんなシチュエーションで楽しめるのではないでしょうか。

引っ越してきました

Men_ill_new livedoor blogから、こちらTypePad に引っ越してきました。

以前のエントリーも移行させましたが、所々壊れているような… まぁいいや。

うん、使いやすいし速いし、いいですねTypePad。有料なだけはある。

テンプレートのデザインはいまいちなんで、今のところ質実剛健、味も素っ気もないものになっています。そのうち、もうちょっとなんとかします。

というわけで、今後ともよろしくおねがいします。

祝・スラド採用

136dd99e.bmp知る人ぞ知るニュースサイト、”スラッシュドット・ジャパン”に記事を投稿したら、めでたく採用されました。これです。

僕はJAMSTEC(海洋研究開発機構・ジャムステックと読む)のメールニュースを購読してるんで、このネタをゲットしたんですね。
JAMSTECって、昔はマイナーな機関だったけど、最近は地球シミュレータを運用したりとか、なにかと話題に上りますね。環境ブームのせいだろうか。同級生(一緒に観測船にも乗った)がいるんですが、元気かなぁ。

さきほど、投稿した記事のリンクからJAMSTECのサイトにアクセスしたら、えらく重くなっていたのですが、僕のせいですか?

TSLとオーストラリアの造船技術

dc07c4d7.jpg読売新聞によると、小笠原航路の世界最高速客船、燃料高騰で就航断念 とのこと。以前にblogでネタにした、テクノスーパーライナー(TSL)ですね。ダメなことにもっと早く気づくべき。

オーストラリア製のウエーブピアサー型高速船、"Incat Evolution 10B"であれば、同じくらいの速度、同じくらいの乗客数で、お値段はTSLの半分くらいです。しかもディーゼルなので、ガスタービンを使っているTSLよりも、燃料代や保守費用が段違いに安い。
また、時代錯誤な”貨客船”である小笠原TSLと違って、大型トレーラーも積めるフェリーです。こちらを参照のこと

はっきりいって、いいとこナッシングですよ>TSL
それなのに、”画期的な未来の船”みたいに宣伝するのはどうか。


高速船って、最近はオーストラリアのお家芸になってるようで。領事館のWebによると、主な貿易品は”食品、建築資材、高速フェリー(以下略)”とあります。

ウエーブピアサー型とはこういう形なんですが、この波を切り裂くような独特の船形で、造波抵抗を減らそうとしています。

また、オーストラリアはアルミ船体の軽量化技術に優れています。軽量であれば、船体が水没する面積が少ないので、粘性抵抗が少なくなります。この船型と軽量化技術が、ディーゼルエンジンでありながら40ノット前後を実現する秘訣でしょう。スマートな解だと思います。

テクノスーパーライナーは、ファンで船体を持ち上げることによって、造波抵抗や粘性抵抗を減らそうとしています。しかしそのために、高価な燃料をバカ食いするガスタービンエンジンが必要になり、リフト機構のために船体も重くなってしまいました。いわゆる”素性の悪い技術”です。

TSLは、日本の造船技術を向上させるという目的もあったはずですが、TSLなんかにうつつを抜かしている間に、高速船の技術については、オーストラリアにずいぶん水を開けられてしまったようですね。

まぁ、オーストラリアは、ヨットのアメリカズカップで勝ったりとか、伝統的に高速船が得意ですけど。マオリ族が海洋民族なのも関係あるのかなぁ。

デモデモデモデモデモデモデモデモデモデモデモデ

「社内向けデモのために労力を使う」というと、あまり生産的ではないような感もあるわけですが、そういうのが重要なこともあるんですよ、というお話。

開発って、「基本的にやらないといけない」という部分と、「これをやると面白いものになる」という部分があり、いくら前者をきっちりやっても、後者の部分が無ければ、商品としては魅力が無いものになってしまいます。それでは台無しってものです。

タイトなスケジュールでやっていると、どうしても前者の比重が高くなってしまうわけで、後者をやるパワーを残すには、前者の量を減らすしかないでしょう。

では何を減らせばいいのか。信頼性やセキュリティなどに影響するところは、もちろん手を抜けません。減らす候補しては、「従来もやっていたからやる」「他社もやってるからやる」という、いわば惰性の部分が、まず挙げられます。

でも往々にして、そういう”惰性の部分”が最初に仕様が決まって、開発も粛々と進んでいたりします。全体を見て優先度を付け、クリエイティビティを発揮する余地を残す、という観点が必要だと思うのですが。

せめて自分のチームには、”惰性の部分”の仕事の比率を下げたいわけですが、そのために必要なのは、「これやると面白いから、他を後回しにしてでもやるべき」ということを上の人に認めされることで、それにはデモを作って見せるのが一番です。たとえ完成度が低くても、モノがあると無いでは説得力がまったく違いますから。

それで開発の方向性が認められれば、プロジェクトの優先度が上がり、”惰性の部分”を後回しにする大義名分が立ち、いろいろやりやすくなるわけですね。

ここで、「たかがデモ、されどデモということで」などと締めるのは、猛烈にありがちなので避けたいところですが、ここまで書くのに疲れてしまって、クリエイティビティを発揮させる余地が残ってません。

たかがデモ、されどデモということで…

杉花粉飴

このところ、花粉症がひどくて、病院で薬をもらうようになってからは最悪の感じです。数日前までは普通だったんですが。

しかもなぜか、家にいると悪くなるんですよね。オフィスにいるときは、むしろ大丈夫なのに。しょうがないので、薬を多めに飲んでしまってます。

花粉症対策グッズってのはいろいろあるわけですが、杉花粉飴という謎の商品を発見しました。「目には目を、花粉には花粉を」だそうで。

原材料は、水飴、砂糖、杉花粉、シソ、杉葉、クエン酸。
シソ以外はタダみたいな原料だ…


減感作療法というのはあります。花粉のエキスを少しづつ注射して、アレルギー体質をゆっくり直していくというもので、長期間の通院が必要なのが難点です。

しかし最近は、舌下減感作療法というのがあるようで。花粉のエキスを口の中に入れて、舌から吸収するというものです。まだ日本では実験段階で、認可されていないのですが、欧米では一般的だそうです。

杉花粉飴、案外効果あったりして…

PM理論

PM理論ってのは、ビジネス書なんかによく出てる話です。内容はこんな感じ。

でもこれ、Pはまぁ分かるとして、M(集団維持能力)とは何だろうかと。上記の資料には「人望」とかありますが、それはちょっと違うかと。私の経験からして、上司に人望があるから成果が上がったとか、人望が無いから下がったとか、そんなことはあんまり無い気がするので。

別の資料には「人間関係に配慮したり、部下の意見を求めたりするなど集団の満足度や凝集性を高める行動」とあり、それならまぁわかるかな。要はモチベーションを高めるということであれば。

しかしそうだとすると、PとMは両立が難しいものだと言えます。成果管理でがんじがらめにすると、モチベーションが下がってしまうこともあるし、チームとしての目標達成のため、モチベーションの上がらない仕事をアサインせざるを得ないこともよくあるし。

だから、「PもM高いのが理想のリーダーです」とかお気楽に言われてもなぁと。まぁ私の場合、そういう高次元のバランスを気にする以前に、やることはいろいろあるわけですけど。

検索ワード

blogのアクセス記録を調べると、googleなどの検索サイトから私のblogに飛んできた場合に、どんな検索ワードだったかが分かります。

やはり一番多いのはBMW関係ですね。”BMW 116 試乗”みたいなキーワードで来る人が多く、1日に5件くらいはあります。

あと、コーティング関係とか、ひかり電話関係などがチラホラありますね。

”vaio キャンペーン Edy 1000円”という検索ワードで来ている人がいました。私はVAIOのキャンペーンをクソミソに書いたわけですが、どう思われたでしょうか。

”ドイツ ADSL”という検索ワードで、なんで私のblogが引っかかるのか不思議ですが、実際、165番目くらいに出るだけです。165番目まで辛抱強くチェックするとは、よほど調べたいことがあったのでしょうか。残念ながら、私のblogはお役に立てなかったと思われますが。

”窓 アクリル 飛行船”って、いったい何が調べたかったのかわかりません。

”チンチンに毛が”で来る人がいるのもショッキングですが、その検索ワードで私のサイトが5番目にヒットするのもショッキングです。

内向きの仕事は疲れる!

次のプロジェクトの、ある部分の仕様について、私が提唱する案と、他部署が推す案の2案あり、このところ、何度も社内向けにプレゼンしたり、根回ししたり、という生活だったのですが。

やっと、今日の役員同席のミーティングで結論が出て、私の案に決まりました。まずは一段落かな。他にも戦いネタはいろいろあるけれど。

ミーティングの後で、相手陣営の人が私のところに来て、「いや、うちの内部でも事前に話し合ったのだけれど、トヲル君があれだけやりたがっているんだから、やりたい人にやらせれば、って話になったんだよ。」と言われました。

私としては、やりたいからではなく、私の案のほうがプロジェクトにとって良いと思って提案してるわけなんで、一瞬カチンと来たのですが。

でも、その人というのは、私なんかよりずっと人間の出来た、いい人なので、ネガティブな意味は無くて、私の熱意が通じたということかな、とポジティブに解釈することにしました。オキラクゴクラクということで。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。